2014年11月03日

Trados 2007がクリーンアップ中に落ちる

Trados 2007(Workbench 8.3.0.863 Build 863)がファイルのクリーンアップ中に「動作を停止しました。この問題の解決策を確認しています」というメッセージが出て落ちるようになってしまった。
この間までは問題がなかったので、Multiterm 2009への移行か、Autohotkeyのインストールか、どちらかが原因だろう。Autohotkeyを終了してみる、WorkbenchをTextでエクスポートして新しく作る、SDL Trados 2007をコントロールパネル>プログラムと機能>修復、といろいろやってみたけれど、全く解決せず。
ただ、それ以外の機能は普通に使えているので、とりあえず翻訳し、クリーンアップの段階まで来たらWordのマクロで済ませることにして急場をしのいでいる。
困ったもんだ。
posted by 完治 at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。