2012年02月04日

せみ時雨

近所の雑木林に犬の散歩に行くと、まぁ、うるさいったらありゃしない。何百、何千というセミがあたりの木にしがみつき、近くを通ろうものなら小便はかけられるわ、顔にはぶつかってくるわ、背中にとまってジャァジャー鳴くわ、もうすごいことになっている。
これは、もう、行くしかないでしょう、と火曜、水曜と2日連続でトンガリロ川に出かけた。
んが、火曜日は中流部に歩いていき、岸から遊んで虹鱒2尾、ブラウン1尾のみ。しかも虹鱒の1尾は途中でバレ、ブラウンにいたってはハリ掛りもしなかった。なんて下手糞な私。
さらに水曜日はボートで河口から上がって下流部を狙った。でも、右岸の木がなぜかみな枯れている。どうやら薬でもまいたらしい。そのせいかセミの声もまばらでさびしい限り。ブラウンの姿もほとんど見えない。そんな中どうにか見つけて投げ、しかもきっちり反応してくれたというのに、またまた口の中からカスリもせずにきれいに引き抜いてしまった。
んんむ。まだ時間的に早いのだろうか?セミが短い一生を終え、ばたばたと落ちるまであと1週間くらい待ったほうがいいんだろうか、と自分の下手さ加減はしっかり忘れて、セミのせいにする私。

さ、セミフライを巻こうっと。


posted by 完治 at 11:20| Comment(4) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと待ちに待ったセミフライの時期ですね!やっぱり、セミがどんどん落ちて水面を流れる頃にならないと鱒の喰いも悪いですよね。
あぁ、早くまたNZに戻って釣りがしたいです。
Posted by Mako at 2012年02月05日 07:24
そちらでは鳴いているんですねー、セミ。
ナキは今年はぜんぜん暖かくならないし、天気もすぐれないのでいつもの半分ぐらいしかうるさくないような気がします。
でもセミフライもって川に行きたいなー。ピークは来週ぐらいですかね。
Posted by Atu at 2012年02月05日 17:46
完治さんに釣れないのでは僕には到底無理ですね。鱒を最後に釣ったのは2009年の年末です。釣りも先週2ヶ月ぶりにしました。
もう少しは釣りしたいなぁ。
Posted by Kazu. at 2012年02月05日 20:04
Makoさん
セミの数はいるところにはいるんですが、トンガリロのいつものポイントはちょっとさびしいです。

Atuさん
セミはまだ出たばかりで、まだ産卵とかしていないみたいです。あと1週間くらいで落ちるでしょうから、そのあたりが狙い目でしょうか。

Kazuさん
お店とかお子さんとかもう忙しいんでしょうねぇ。落ち着いたらぜひご家族で遊びに来てください。
Posted by kanji at 2012年02月06日 05:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。