2011年07月19日

どこのどなたが存じません、ので探せません。

先日、日本に行ってきたときにネットワーク接続の外付けHDDを買ってきた。早速セットしたのだが、どうにもこうにも問題が。
PC連動電源機能といって普段は外付けHDDの電源はオフになっていても、LAN内でPCが起動されると自動的に電源が入る設定があるのだけれど、これがどうもうまく作動しない。LAN内にある三台のPCのうち二台は起動と共にHDDがウィーン、カシャンと立ち上がるのに、三台目ではうんともすんともなのだ。あれこれ試して、三台目のPCのファイアウォールを無効にすればうまくいくことがわかった。しかし、それで一旦は外付けHDDの電源が入っても、またファイアウォールを有効にしてしまうと、しばらくすると自動的に電源が落ちる。おそらく外付けHDDとPCの間で「あ、まだ、起きてんだ」「きまってっだろ、仕事だよ、仕事」「ほんと?また変なサイトでも見てんじゃないの」「うっせぇな」「ふぅん、じゃ、私も付き合ってもうちょっと起きてよ」みたいな会話が交わされているに違いないのだが、ファイアウォールが有効になるとこの会話ができなくなって、「ねぇ」「、、、」「ねぇってば」「、、、」「なんだ、寝てるの?じゃぁ、あたしも寝よ」と電源が落ちてしまうらしい。
ファイアウォールはESETという会社のセキュリティソフトを使っていて、プログラムごとにファイアウォールの例外として指定できるので、外付けHDDを探すためのソフトを指定してみたのだが、効果がない。おそらく常駐していて、「お茶、もってこい」「あ、これコピーとって」「ぐわぁ、ちょっと散歩行ってくるわ」と外付けHDDに対して常につぶやき続けている奴がいるはずで、これをファイアウォールの例外に設定できれば問題が解決するような気がするのだが、そいつの居所がわからない。名前も分からないので探しようがない。

ああ、パソコンってほんと、わがんねぇ。


posted by 完治 at 17:08| Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。