2011年06月02日

初冬の長閑な休日

昨日はお休み。
天気もいいし、釣りに行こうということで朝食を食べたらすぐにボートの準備をして、犬2匹を乗せて出発。が、国道まで出たところで釣りライセンスとボートランプパーミットを忘れてきたことに気づきUターン。
そもそもフィッシングベストを持ってきてないじゃん。とほほ。
しばらく釣りに行ってないとこれだ。ベストを車に放り込んで、忘れ物もないし、いざ出発じゃ。途中ツランギでボートにガソリンを入れ、昼食を買い込んでトカアヌのボートランプに到着。ボートを湖に浮かべ、犬を車から降ろしてさぁ行くぞ、と思ったらボートのエンジンをスタートさせるキーがない。いつもは突っ込みぱなしになっているのだが、去年日本に行く前に無用心だからと抜いて家の中にしまっておいたことを思い出す。
あちゃぁ。
仕方ないので女房にボートを見ていてもらって、空のトレーラを引っ張ったまま慌てて家まで取って返し、あちこち探してようやくキーを見つけて再びトカアヌへ。やれやれ、これでやっと釣りができると、エンジンを降ろしてキーを回すと、「カウ」と小さくつぶやくだけで何も起こらない。
あれ?なぜだ?
バッテリーは昨晩バッテリーチャージャーで充電しておいたし、油圧ポンプでエンジンの上下はできるから生きてるはず。けれど何度やっても同じこと。どうやら油圧ポンプを動かす程度には充電されているけれど、スタータモータを回すほどではないらしい。日本にいる間の1年間にバッテリーの寿命が来ていた様だ。このまま試して油圧ポンプすら動かなくなったらエンジンを上げることもできず、にっちもさっちも行かなくなる。どうにかエンジンだけはあがってくれと祈るような気持ちで油圧ポンプを作動し、ボートを再びトレーラに載せ、近くのボート屋に行く。
「このタイプのバッテリーってさ、1ヵ月に1回は充電しないといかんのよ。それにこの電源のタップもいかれてるし」
ああ、そうですか。両方とも交換してもらって、いよいよ本当に今度こそ湖に。エンジンも快調にスタートし、犬たちも喜んでいる。でも朝から準備していたのに、もう12時半。なんとも時間のかかったこと。
釣りの方は僕と妻の分、合わせて8回キャストして僕が2尾、妻が1尾。2尾はやせ気味だったもののアベレージサイズなのでキープ。1尾は30センチほどだったのでリリース。釣り場に立つまではすごく手間と時間がかかったくせに、竿を出してからはあっさりと釣れてしまった。なんとも不思議な1日。


posted by 完治 at 07:29| Comment(4) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボートの準備って万全を期してやったつもりでも、あれこれ問題発生しますよね。私も久しぶりにボートを出すと必ず何か問題ありましたね。
5時間もドライブして行った遠征先でエンジンがかからなかった時には、落ち込みましたよ。私のは30馬力だったんで、プルスタートでかかりましたけど。その時の原因は、...後で判ったのですが、見た目には分からない程度のバッテリー端子の緩みでした...。
Posted by Mako at 2011年06月02日 13:28
5時間ドライブして、エンジンがかからない、ですか。それはきついですね。
ちなみに私の最悪ケースは、湖に出て釣りをしている間にバッテリーが上がってスタートできず、仕方なくシートを外してオール代わりに漕いで帰ろうとしたこと。勿論帰り着くはずもなく、たまたま通りかかった友達に引っ張ってもらいました。
Posted by kanji at 2011年06月03日 06:47
冬の休みの日に天気がいいとうれしいですよね。アクシデントで昼からでも8回のキャストで3尾つれるなんてさすがですね。
しばらく仕事と子供のことで遠出できないですがタウポで鱒つりしたいなぁ。
Posted by Kazu. at 2011年06月05日 21:51
Kazuさん
お久しぶり。
タウポの湖の釣りはキャストしたら釣れるまで放っておく、に近いスタイルなので、うまくすればほぼ1キャスト1フィッシュになります。落ち着いたら、ご家族でぜひ遊びに来てください。
Posted by kanji at 2011年06月06日 06:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。