2011年05月11日

どうして、そっちに行くかなぁ

1)
福島の原発は地震後、いずれも正常に停止した。問題はその後の津波によって冷却用ポンプおよびその電源がすべて逝ってしまったこと。4号機にいたってはもともと地震時には定期検査のため停止中であった。
となると、現在稼動している原発の安全性を少しでも上昇させるためにするべきことは、今回規模の地震を想定し、特に20メートル級の津波が襲った場合にも、冷却系の稼動(電源含む)を確保することが至急にして第一。それなくして稼動中の原発を停止させたところで、その後の冷却系が動作しないのであれば、福島原発の4号機と同じ過程をたどることになり、安全性(もしくは危険性)はほとんど変わらない。原発の燃料は運転を停止させたからといって、反応がパチンと終わり、温度が下がるわけではないのだから。

2)
法治国家というのは、何をするにしても法に基づいて行うことが求められている。国民だけでなく、これは議員、首相にしても同じ。となると、首相が何かあることをしたいと考えているのであれば、それも法的手続きに基づいて実施されなければならない。これは面倒くさいことではあるけれど、一部の人の特権的な行動、あるいは一時の感情的な行動を抑え、長期的な視点に立ち返る上で重要な意味がある。しかしながら今回の首相の「要望」には法的根拠も法的手続きもまったくない。自分がしたいことだから、あるいは自分と同じ考えだからといって、法をないがしろにした行為を許容し、賛成することは法治国家というものを根本から崩すものに他ならない。

3)
以上ふたつをあわせて考えるなら、今回の要望にまつわることは、安全性を向上させるためには何をするべきかについて、事実に基づき冷静な判断をしているのではなく、ただただ感情的な恐れに基づいた行動を、首相そしてそれを支持する国民の皆さんがとり、それに対する歯止めもないということになる。

なんだか、なぁ。


posted by 完治 at 08:35| Comment(6) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明白に絶対に必要な冷却設備の増強について、二ヶ月経ってもまだ完了どころかロードマップの発表すら電力会社から無い(ですよね?)事を考えると、法的手続きを踏んでいたら冷温停止まででも一年はかかりそう、ならやむなし、という感じです(嘆息)。
形式的にはあくまでも民間企業な東電ですから、上場を止めて国の管理下へ置かないと充分かつ強制的な指令は出せないでしょうから…。
Posted by さきむら at 2011年05月11日 12:45
さきむらさん
どうもっす。たとえ冷温停止してもその後の冷却系が確保されない限り、安全性の向上にはつながらない。だったら、何をおいてもそこをやるべきなのに、なぜ?というのが僕の大きな疑問です。なんか、首相をはじめ、みながパニクっているよう気がします。
Posted by kanji at 2011年05月12日 05:56
私は冷温停止さえも間に合わない大津波まで想定しての対策であり、首相の「要望」は、よくぞやってくれたと賞賛していいと思ってます。
浜岡で原子炉の爆発が起きてしまったら、福島やチェルノブイリの比ではない日本を破滅させる大災害になる事は必至です。
冷温停止後の冷却系の稼動(電源含む)を確保する計画は同時に進行していると聞いています。
Posted by Mako at 2011年05月12日 21:23
Makoさん
たとえ冷温停止したとしても、冷却系がいかれたら福島の4号機と同じくアウトです。逆に冷却系が無事であれば、今回福島と同じく地震にあった女川原発のように稼動中でも事故にはつながりません(ちなみに津波の規模は福島より女川の方が大きかったようです)。
つまり、もし大地震や大津波などによる原子炉の爆発を心配するのであれば、停止ではなく冷却系の確保が第一で、地震や津波が起きた際に原子炉が稼動中か停止しているかは、あまり問題ではない、ということです。
となると、実際の効果があまりないことをなぜする必要があるのか?そしてなぜそれを賞賛してしまうのか?
これが僕の疑問です。
Posted by kanji at 2011年05月13日 07:20
Makoさんが書かれている通りに冷却系増強の計画が進行しているなら、単にウケが良いほうが報道されているという事なのでしょう。
ウラを返せば、大半の国民は優先順位を理解していないと思われている、という事ですが…。もっとも、「多少の不便を我慢すれば原発は全停止できる」という人が今なお多いことを考えると、そう思われてもやむなしかなぁと思いますが。
Posted by さきむら at 2011年05月14日 10:28
さきむらさん
そうなんですよねぇ。
相手が人間でなく、地震や津波といった自然現象、また原子炉内での反応といった物理現象では、こちらが感情的に反応しているのかあるいは冷静に反応しているかとはまったく関係なく事態は進行します。現在のような不測の事態が起きているときにはなおのこと冷静になって判断しなければならないはずなのに、、、。
例えば福島第二原発は、今事故を起こしている第一と同様に津波にやられたけれど、現在は冷温停止中。ということを思い出すだけで、何を一番先にやるべきか分かると思うんですけどねぇ。
Posted by kanji at 2011年05月15日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。