2012年01月21日

意思表示としてのお買い物

いやぁ、全然知らなかったんですけどね、昨日まで。
あの、Amazonってあるじゃないですか。以前は本やDVDばかりを売っていたのが、今では家電から鍋から何まですべて売っている、あれですよ。もちろんもともとはアメリカの会社だっつうのは知ってましたけど、あれだけ手広く日本でも商売してるんだから、当然日本でも法人税を払っているものだとばっかり思っていました。そしたら、違うんですってね。
amazon.co.jpはあくまでもブランドみたいなもんで、会社はすべてアメリカにある、だから法人税もすべてアメリカに納める、ということみたい。
資料1:アマゾンの税金
資料2:ウィキペディアAmazon.co.jp
資料3:僕が Amazon.co.jp を使わなくなった理由。

んん、ん。いや、別に脱税しているわけじゃないし、会社として決して悪いことをしているわけではないのですが、なんか、気に入らない、です。なんで、私が日本の商品を日本の商店から買って、アメリカに税金払わなきゃならんのよ。なんで、アメリカに貢がにゃならんのよ、という気持ちです。

あの東北の震災以来、東北の特産品や農作物だけじゃなくて、全国画一的な商品、例えば本だとかCDとかDVDとか楽器とか、そういうものも東北から買うようにすれば少しは経済的支援になるのではないかと考えていたので、なんだか余計に嫌になりました。

ということで、amazon.co.jpから物を買うのは止めました。

できることなら通販をやっている書店が東北にあるといいのだけれど、今のところ探し当てられていません。やっていても発送は国内のみ。ま、それならそれで転送サービスを利用するまでですが、できることなら直でやりたい。
誰か知りませんかね?


posted by 完治 at 11:24| Comment(2) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。